停車場遍路の鉄道雑記帳

鉄道関連を多めに旅の記録を綴ります

2018秋旅 -21:弥彦から高岡へJR・3セクで移動と精算



停車場遍路の鉄道ネタ総括表
(各コンテンツへのリンク付き)↓

民鉄・公営・3セクの駅巡りスライドショー一覧表
他のSNSを含むブログのシリーズ記事一覧表


鉄道・風景動画満載です
ぜひチャンネル登録お願いします↓

無事、新潟エリアの目的を果たして一気に北陸エリアへ向かうわけですが、ひたすらJR在来と3セクで移動します。

弥彦 15:15 ⇒ 15:24 吉田 15:43 ⇒ 16:56 柏崎 17:00 (快速⇒) 17:32 直江津 17:33 ⇒ 18:48 泊 18:50 (快速⇒) 19:44 高岡 となり3時間半の行程ですが、特急+新幹線とか燕⇒富山を高速バスとか使っても、料金の差額の割には早く高岡に着けません。

そもそも直江津で1分、泊で2分乗り換えで前後が快速という、おそらく一番効率のいい乗り継ぎではないかと。問題は乗り継ぎが良すぎるが上に、事業者の区切りの駅で切符が買えないこと。弥彦駅ではJR東日本エリアである「直江津」までしか買えないので、その先は乗り越し清算するしかありません。

以下が切符類です、えちごワンデーパスが「出雲崎」まで有効なので「出雲崎直江津」のJR券、右側に写ってるライナー券については後術。

f:id:stnvstr:20181112060954j:plain

弥彦駅からは127系

f:id:stnvstr:20181112062627j:plain

吉田駅からは115系のこの色

f:id:stnvstr:20181112062646j:plain

「柏崎」からの快速は129系で遅れなく「直江津」到着、無事1分乗り継ぎの日本海ひすいラインはワンマンなので検札なし、「泊」到着も遅れなしで2分乗り継ぎ。

あいの風とやま鉄道の車内でやっと清算しました。 えちごトキめき鉄道区間も一気に清算できます。ただ、「直江津」から来ると「富山」までしか清算できないとのこと。もしかして「金沢」から来ても「富山」までなんだろか。

f:id:stnvstr:20181112061706j:plain

あいの風ライナーは座席指定ですが、車掌からライナー券を買っても座席が指定されます。JRでよくある「空いている席に座れ」とか「ライナー券を持った人が来たら譲れ」とかではありません。車掌が持っているタブレットにリアルタイムに指定状況が反映され、空席を販売できるようです。

 「富山」から通勤帰りの客でいっぱいになって「高岡」に到着、「富山」からの乗り越し分260円を払って駅前のビジネスホテルにチェックインしました。

 

--- つづく ---